ソルラルやチュソクに遊ぶユンノリのルール知ってる?【意外と複雑】

 
悩んでいる人
番組でよくやってる「ユンノリ」ってゲームのルールがよくわからないんです。

本記事の内容

・ 「ユンノリ」はすごろく!
・ 進み方は角に止まれるかどうか
・  윷(ユッ)がサイコロ

 

 
まじつ

こんにちは、まじつ(@majitsulog)です。

アイドルのウェブバラエティではよく「ユンノリ」をしていますよね。わたしもルールがよくわからず見ていました。調べてみるとルールが意外と複雑だったためご紹介。

 

 

「ユンノリ」はすごろく!

「윷놀이:ユンノリ」は「旧正月(설날:ソルラル)」や「秋夕(추석:チュソク)」など家族が集まるときに行う昔ながらの遊びです。

一言で言えば「すごろく」です。

必要な物

・윷(ユッ)と言われる木の棒(木を半分に割ったような半円の棒):4本
・駒(基本は2組に分かれて4つずつの駒を使う):8個
・すごろくの盤
・윷(ユッ)を投げるエリアをわかるようにする座布団やハンカチ、布団など

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Club de Coreano Manse(@clubdecoreanomanse)がシェアした投稿

 

進み方は角に止まれるかどうか

出典:wikipedia

すごろくの盤(말판:マルパン)は1辺6マスです。

角にちょうど止まることができれば、近道をすることができます。

ゴールは「スタート地点を超える」ことです。スタート地点で止まった場合は、もう1マス入ります。

 

윷(ユッ)がサイコロ

윷(ユッ)には表と裏があり、裏表の組み合わせで1〜5を表します。

 

裏表の組み合わせ呼び方特別ルール
1表1裏3

(도)
1本印をつけた表が出ると1マス戻る「ペクト(백도)」トゥイット(뒷도)」という
2表2裏2

(개)
3表3裏1
コル
(걸)
4表4裏0
ユッ
(윷)
もう一回投げれる
5表0裏4

(모)
もう一回投げれる

 

駒の「合体」と「捕まえる」

自分の駒同士が同じところにとまると「合体」でき、合体した駒はいっぺんに移動できます。

韓国語では「업기(オプキ )」といいます。早くゴールに行くことができますよね。

ですが、デメリットもあります。

それがもう一つの「捕まえる」です。

相手の駒と同じところにとまると「相手の駒をスタート地点に戻す」ことができ、プラスもう一回윷(ユッ)を投げることができます。

もし相手の駒が「合体」していた場合、合体している駒すべてをスタート地点に戻すことができます。

合体は2つでも、3つでも、4つでも可能です。

もし合体している4つの駒をすべてスタート地点に戻したら大大大逆転が起こりえます。

 

駒も出すタイミングは自分次第

4つの駒(말)をいつ出すかは、윷(ユッ)を投げてから決めます。

今ある駒を進めるか新しい駒を出すかが戦略!

윷(4)と모(5)がでるともう一回윷(ユッ)を投げることができます。

複数の駒にわけたり自由に使えます。

 

 
まじつ
1回目に윷(4)次が윷(4)次が걸(3)となった場合、1つ目の駒を4つ進める、2つ目の駒を4つ進める、合体して3つ進めることができます。
1回目だけで2つの駒を7つ進めることもできるんです。

 

「落:낙(ナク)」はスキップ

윷(ユッ)を投げるエリアを決めて、それより外に1本でも出てしまった場合は進むことはできず、そのまま相手の番に変わります。

一部が出てしまうではなく윷(ユッ)全体が外に出てしまうときが「낙」になります。

 

ペクト(백도)は1マス戻る

4本ある윷(ユッ)の表に1本だけ印を付けます。

表1裏3の「도」の表1に印があった場合にはペクト(백도)になり1マス戻ります。

 

超高速ゴールの特別ルール

ペクト(백도)でスタート地点に戻った場合、ゴール地点に来たとみなされる超特別ルールがあります。

1回目のペクト(백도)では特別ルールは適応されず、ただのスキップと同じ状態です。

 

 
まじつ
1回目に「도」2回目に「백도」3回目にはゴールという最短コースが出来上がります。
 

 

まとめ

「ユンノリ」は頭を使う「すごろく」だという紹介でした。

細かいルールはまだあるようなんですが、これくらいわかっているとバラエティ番組は楽しめると思います。

日本語で勝負にでるとき「一か八か」がいいますが、韓国では「모 아니면 도:モ アニミョン ド」といいます。

これはこの윷놀이から来ています。「5もしくは1」という感じですね。

 

「모 아니면 도」というとENHYPEN(엔하이픈) の歌が浮かびますね。

 

少し壮大なユンノリですが、TXTとENHYPENが一緒にユンノリをしている動画も貼り付けておきます。

 

できる韓国語 初級1
4.3

もはや韓国語学習書の定番!
「できる韓国語」シリーズをさけて通るのは遠回り。
何から始めればの回答はこの本です。