有声音化が難しい!?|韓国語の発音変化ルール

悩んでいる人
有声音化って何?

 

本記事の内容

・ 有声音化とは?
・ 有声音化は発音変化なのか?
・ 有声音化しないのが発音変化

 

まじつ

こんにちは、まじつ(@majitsulog)です。

ここでは「有声音化」について解説します。

 

No種類単語例
1パッチム(終声)の中和パッチムの発音は7つしかない法則
2有声音化한국[ハングク]韓国
3連音化일요일 [이료일] 日曜日
4終声の初声化パッチムの発音は7つしかない法則+連音化
맛없다 [마덥따] まずい
5流音化일년 [일련] 1年
6鼻音化/流音の鼻音化입니다 [임니다] です
입력 [임녁] 入力
7濃音化숟가락 [숟까락] スプーン
8激音化좋다 [조타] 良い
9口蓋音化같이 [가치] 一緒に
10「ㄴ」の添加그럼요 [그럼뇨] そうです
11「ㅎ」の弱音化
번호 [버노] 番号

 

発音変化のルールを覚えるのは大変ですが、むやみに覚えていくと予想して読む力がついていきません。

最初の段階でルールを覚えながら進むことで予想して読む力がついていきます!

発音変化が起こる理由は、発音を簡単にするためです。

これを覚えることで口に出して発音するときには簡単になるんだと信じて覚えていきましょう!

 

有声音化とは?

「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」が頭文字以外で出てくると濁点がついたような音ににごる。

「カ」行→「ガ」行 「タ」行→「ダ」行 「パ」行→「バ」行 「チャ」行→「ジャ」行

 

これどこかで習いましたよね?

 

そうです。子音の発音のところでも同じような内容を勉強したはずです。

 

No.子音発音
1<語頭>日本語の「カ」行とほぼ同じ
<語頭以外>日本語の「ガ」行とほぼ同じ
3<語頭>日本語の「タ」行とほぼ同じ
<語頭以外>日本語の「ダ」行とほぼ同じ
6<語頭>日本語の「パ」行とほぼ同じ
<語頭以外>日本語の「バ」行とほぼ同じ
9<語頭>日本語の「チャ」行とほぼ同じ
<語頭以外>日本語の「ジャ」行とほぼ同じ

 

はい!このことです。

 

いちよう単語一覧を記載しておきます。
単語カナ読み意味
포도ポドぶどう
프로그램プログレム番組
화장품ファジャンプム化粧品
저분チョブンあの方
팔다パルダ売る
편지ピョンジ手紙
정보チョンボ情報
잠그다チャムグダ締める

有声音化は発音変化なのか?

発音変化と考えずに【「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」が頭文字以外で出てくると濁点がついたような音ににごる。】のが基本と覚えるのがわかりやすいです。

 

子音の勉強の時にみなさんそう覚えましたよね?

有声音化はそれだけでOK!

 

まじつ
日本語にも「靴下(くつした)」「長靴(ながぐつ)」など頭文字以外で同じように濁点がつく発音がありますよね。

有声音化しないのが発音変化

「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」が頭文字以外で出てきたけど「ガダバジャ」になってないけど?と思うことありませんでしたか?

例えば

같다[갇따]同じだ

좋다[조타]良い

갈색[갈쌕]茶色

감다[감따](目を)つむる

 

パッチムの種類によっては頭文字以外でも「ガダバジャ」にならないことがあります。

このことを【パッチムが「ㄴ / ㅁ / ㄹ / ㅇ」だと有声音化する・それ以外だとしない】とい考え方もあるんですが、例外も多いです。

 

「有声音化しない」=「激音化  or 濃音化している」状態です。

「激音化する」「濃音化する」ことが「発音変化」です。

 

濃音化・激音化するパッチム

ㄱ / ㄷ / ㅂ /ㅅ / ㅈ / ㅊ / ㅋ / ㅌ / ㅍ / ㄲ / ㅆ / ㄳ / ㄵ / ㄺ / ㄼ / ㄽ / ㄾ / ㄿ / ㅄ 濃音化
ㅎ / ㄶ /ㅀ / 激音化

 

細かい条件付き発音変化

漢字語の濃音化 パッチムㄹ + [ㄷ][ㅅ][ㅈ] 갈색[갈쌕]茶色
語幹+語尾で濃音化 パッチムㄴ/ㅁ  + [ㄱ] [ㄷ][ㅅ][ㅈ] 감다[감따](目を)つむる

 

細かい条件付き発音変化に該当しない「ㄴ / ㅁ / ㄹ / ㅇ」だけが発音変化しないことになります。

 

激音化・濃音化については別の記事にまとめます。

まとめ

有声音化は【「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」が頭文字以外で出てくると濁点がついたような音ににごる】ことです。

これは発音変化というより韓国語の基本の考え方になります。

音がにごらないときには「激音化もしくは濃音化」が起きているので、激音化と濃音化をしっかり覚えて行きましょう。

 

覚える方法としては、音読パッケージの際、音読用ノートをきちんと作って覚えて行きましょう!

できる韓国語 初級1
4.3

もはや韓国語学習書の定番!
「できる韓国語」シリーズをさけて通るのは遠回り。
何から始めればの回答はこの本です。